パディントン2

NEWS

豪華キャストが登壇!日本語吹替え版完成披露試写会

松坂桃李さん、古田新太さん、三戸なつめさん、斎藤工さんそしてパディントンが舞台挨拶に登壇!



12月18日、映画『パディントン2』の日本語吹き替え版完成披露試写会に豪華ボイスキャストの皆さんが駆けつけてくれました!
前作に引き続き“パディントン”役の吹き替えキャストを務めた松坂桃李さんを始め、“ブラウンさん”役の古田新太さん、“ジュディ”役の三戸なつめさん、さらに今作の新キャラクターである落ち目の俳優“フェニックス・ブキャナン”役を演じた斎藤工さんが登壇!

2年ぶりにパディントンやブラウン一家との再会を果たした心境を聞かれた松坂さんは「もう『待ってました!』という感じですね。
きっと続編あるだろうなぁと内心ほのかな期待があって…。そしたら、続編製作決定のニュース知り、喜びが大きかったです!」と笑顔で答えてくれました。
完成した吹き替え版について質問されると「パディントンと周りの人々との、新しいコミュニケーションの形を見れてうれしかったです。もう誰も『クマが喋ってる!』って疑問を持たなくなっていて、いい街になったなぁって」と愛情たっぷりに語りました。

そして古田さんは「相当面白い映画に仕上がってます。僕が出演した映画で一番面白いです!」と自信たっぷりに断言して会場の笑いを誘いました。

一方三戸さんは「パディントンの世界観が大好きなんです。ファッションにも注目してほしいですね。ジュディも可愛いですし、お母さん(ブラウン夫人)のファッションもカラフルで、(着こなしの)勉強になりました」と女性らしい視点で魅力を語ってくれました。

そして今回が初参加となった斎藤さんは劇中での歌唱シーンに「(内心)悲鳴をあげてましたね」と冷や汗をかきつつ、「続編ではパディントンがブラウン一家に一緒にいれない時の方が、相手のことを思いやるという絆の部分がしっかり描かれていたりもしていて、それがまた良いですよね」と熱く語りました。

イベントの中盤にはパディントンが登場!
劇中でキーアイテムとして登場する“飛び出す絵本”にちなみ、パディントンが高さ2m10cmにも及ぶ、巨大な“飛び出す絵本”をキャストらにプレゼントしました!松坂さんも「すごいなぁ…本当にパディントンの世界ってオシャレですよね!」と大興奮!
最後に、これから映画を観る人に向けて「この作品は日々の疲れやストレスを抱えたまま、ぜひ劇場に観に来てほしいです。なぜかというと、パディントンが癒してくれたり、心を軽くしてくれるからです。色々なものを溜め込んだまま観てください(松坂さん)」と愛情たっぷりなメッセージを送り、イベントは終了しました。