パディントン2

NEWS

公開記念舞台挨拶に日本語吹き替えキャストが再集結!

公開を記念して日本語版吹替えキャストである松坂桃李さん、古田新太さん、三戸なつめさん、斎藤工さんらが登壇する舞台挨拶が、1月20日(土)TOHOシネマズ新宿にて行われました!



上映後の熱気冷めやらぬ会場に、豪華キャスト陣が舞台に姿を現すと、会場からは黄色い歓声があがりました!まずは“パディントン”役の日本語版吹替えキャストを務めた松坂さんが「本日は『パディントン2』を観に来てくださりありがとうございます!本当に面白い作品だと思うので、是非作品をみなさん広めてくれたら嬉しいです」と挨拶。続いて、「みなさん面白かったですか?僕も大好きな作品なので、ぜひたくさんの方に広めて貰えたら」(ブラウンさん役/古田さん)、「ジュディは、前作では反抗期で暴言を吐いたりしていたけれど、続編では少し成長していて、演じてとても嬉しかったです。『また観たいな』と思ってもらえたら嬉しいです」(ジュディ役/三戸さん)、「続編からの参加となりましたが、僕にとっても本当に大好きな作品になりました。観ていただいた方の声が、すごく作品にとって大きな宣伝になるかと思うので、ぜひSNSなどで広めてもらえたら嬉しいです」(ブキャナン役/斎藤さん)とそれぞれ挨拶しました。

松坂桃李さん「みんなの声が次に繋がる」続編にも意欲

松坂さんは、海外で大ヒットを記録していることもあり、「これは“3”もあるんじゃないか?と。そうなったら嬉しいですね!日本のみなさんの反応が大きければ、きっと製作の可能性も高くなるのではないかと思いますし、僕もまた(パディントン役の声優を)やれるのであればやりたいですね」と、続編への期待を明かしました。

最後には、先日ヒュー・ボネヴィルとヒュー・グラントが来日した際に完成させた、ヒットの祈願の世界に一つの“パディントンだるま”が登場!ボネヴィルとグラントのサインが添えられた“パディントンだるま”が運ばれてくるなり、「すごいなぁ」と声を漏らし、だるまをまじまじと見つめるキャストたち。そしてキャストらによって、『祝大ヒット!』とあしらわれたステッカーをパディントンだるまに装飾させると、会場からは大きな拍手が沸き起こりました!